漫画原作の実写映画からの脱却が必要では?

漫画原作の実写映画がすごく増えたと思いませんか?
映画館に行けば、上映している映画のラインナップのうち、2,3本は漫画を原作とした実写映画になっています。
ただ、この漫画原作の実写映画はいったいどれほど需要があるのでしょうか。
かつてドラゴンボールやルパン三世といった往年の名作が実写映画化されましたが、ほとんど人気が上がらずにラインナップから消えていったような気がします。
私の周りでも、このような漫画原作の実写映画を見た人はほとんどいませんでした。
しかし、今でも漫画原作の実写映画がリリースされているのはどうしたことでしょうか。
おそらく、漫画原作だとすでにストーリーが固まっているため、映画制作者側が制作時にラクをできることが考えられます。
また、原作のファンの人が固定客として来ることも想定しているのだと思います。
しかし、これは原作ファンをあまりに軽視した態度であることは明らかです。
このままでは漫画原作の映画どころか、映画全体がこの程度なのかと思われてしまう危険性があります。
苦しい時代だからこそ、しっかりと映画らしい映画を作って欲しいものです。